植物に 協力

  • 2014.06.12 Thursday
  • 11:34
植物がすくすくと成長していくのを見ると、何だか協力したくなるよね。
一回り大きな鉢に移し替えて、支柱も大きなものにした。 買ってきたばかりのブーゲンビリア
こちらも鉢を大きくし、支柱を高くした 買ってきたばかりのサンパラソル

なんちゃってガーデナーですゆえ、植物にとって有難いのか迷惑なのかワカラナイ。
ブーゲンビリアも、サンパラソルも蔓植物だから、売り場にあった時は、凄く形よく蔓が巻かれていたのよね。
鉢を替える時に、支柱に絡んだ蔓をそおっとそおっと解いたら、サンパラソルの幹から白い液体が出た。
悪い、傷付けちゃったねえ。
でもさぁ、大きい鉢の方が気持ちがいいと思うんだよね。
巻き直したら、形はいびつになって見た目は悪くなったと思う。
でも。。。きっと。。。前より空気や日光を取れると思うんだがなぁ。

まるさん食日記 ザ・朝ごはん

  • 2014.06.12 Thursday
  • 08:40

なんだかさあ、The 朝ご飯だと思わない?
海苔があったら、正にという感じ。

実家で飼っていた猫が小松菜のお浸しが好きでねぇ。
小松菜は全部、猫用になっていたから最近までホウレンソウ派でした。
何十年ぶりで小松菜を食べて、「ええっこんなにウマいものだったの?」と思った。
ジャミ、ええもん食ってはったなぁ。
 
ホウレンソウや小松菜を搾るのに、巻すがいいと聞きましてね、やってみました。
何でも繊維を壊さず、均等に搾れるんだそうです。

ダイソン もとい ダイロンで リニューアル

  • 2014.06.11 Wednesday
  • 10:54
色が抜けてしまったハードローテーションの綿パンを染めます。

染料1袋は、いきなり溶くんじゃなくて。


小さ目の器に入れた500mlのお湯 ( 40℃ ) でよく溶きます。


塩は、色落ち防止のために使うらしい。これもキチっと250g計っておく。
6ℓのお湯 ( 40℃ ) に塩を入れてから、溶かしておいた染料を投入。
 
染めるものは広げて入れ、15分間しっかり混ぜ混ぜ。
ムラにならないように時々かき混ぜながら45分間浸け置きすると。。。

で〜け〜あ〜が〜り〜

新品みたいになった。


ダイロンを買ったのは新宿の東急ハンズ。
売り場に普通のダイロンとプレミアムダイロンがあってね、

イケメン店員さんにどう違うのか聞いてみたら。
「プレミアムの方が光沢のある黒なので、僕は好きです」という答えが返ってきた。

彼、気に入っている洋服は、しょっちゅう染めるんだって。
「色落ちっていうのは、洗濯だけじゃないんですよね。
 日光に晒されるだけで衣服の染料は抜けていくんです。
 だから色が落ちたなと思ったら染めると、いいんですよ。」
おおおっ、オシャレ男子だ。

奈津の お披露目

  • 2014.06.11 Wednesday
  • 09:12
沙羅の娘のひとり『奈津』です。ちょっとお疲れ。

子育て中だから、しかも5匹。
奈津は多産系なんです。

後ろに見えるでしょう、ちっこいのが。

同じ柄なのに、大きさがこんなに違う。

ご飯をあげると「グルルルル」と喉を鳴らして子供を呼ぶ。
離乳食の頃になると、こうやって子にゃんこ 見せてくれる。
これを『にゃんこのお披露目』と言ってます。

親猫がお披露目の時期を迎えてない内に、人間がいたり いだり ったりすると、
親が子供を食い殺してしまうことも…ある。
悲しい話だけど、野生動物にはよくあること。
まだ乳飲み子が動けない時期に外敵が襲ってきて、とても逃げられないと分ると
そういう悲惨なこともあるんだねぇ。
ストレスが溜まるだろうな、自然界の子育ては。

お母さんが用心を解くと、子にゃんこも近寄ってくる。


性格も様々。人懐っこいのと臆病なのがいる。


ちびくろさんぼ


この時期のにゃんこはブレてウマく撮れないや。

パランコパランコ、動きが早いからねぇ。

湯葉と麩

  • 2014.06.10 Tuesday
  • 20:16
先日、栃木に行った時に、スーパーで見かけた商品です。

あっ、お弁当は違います。

結び湯葉と、


星の形をしたお麩です。

いつものスーパーじゃない所に行くと、面白いものがひとつやふたつはあるよね。
ほら、ふたつゲットだっ!! (笑)
早速、星のお麩を使ってみよう。

いしい。
美味しいと言ったのには色々工夫があるの。
まずお味噌を浮気しました。

いつもの味噌は左の『然』。
これはこれで美味しいんだけど、同じ会社の 『米五のみそ / 越後こうじ味噌』 というのを買ってみた。
甘さと辛さのバランスがとても良くて、ほわっとした優しい風味は、気持ちを落ち着かせてくれる。

でも美味しいのは味噌のおかげだけじゃない。
親友MAMA 直伝の、昆布とどんこを水から戻して取った出汁を使って作った上に、もう一工夫。
お椀によそう時に、かつお粉を入れるんです。
もうもうもう、料亭の風味なんだから。

これはNHKの何かの番組で、料亭の板前さんが紹介してた技。
「ご家庭で作る味噌汁をひと味美味しくする工夫」ということで、
料亭の板前さんが言ってるんだもの、料亭の味なんだから。もう。

浜町川について

  • 2014.06.10 Tuesday
  • 11:27
中央区日本橋浜町にある明治座。
演目の好みで足を運ぶ機会はそうないけど、劇場前の道はよく通る。

どこからどこへと続くのか、そんなに広い道でなくてもいいのにと思いながら空いている道を走るんだけど、昔はここに川があったんだって。

明治座の前の川は、浜町川と言って、戦後埋立られてしまったらしい。


浜町川の両岸は『浜町河岸』と言われてましたが、浜町川自体が埋め立てられてしまってからは、隅田川の西岸 ( 両国橋から中洲あたりまで ) が、現在『浜町河岸』と呼ばれる地域です。

左図は、東京市全圖番地入りを北を上にして掲載しています。
ブルーの線は、今はなき浜町川。

地図上の『橋』という字の少し上にマークは明治座。
ほら、明治座河岸にあるでしょう?
ちなみに浜町川を下に下がった中洲にもうひとつマーク。ここも昔人気があった芝居小屋、真砂屋です。真砂座の話は、また別の機会に。。。




浜町という地名が正式に出来たのは明治になってから。
この辺は、大名の上、下屋敷があった場所だからだと思う。

グレーの部分、町人が住んでいる町家には、ほら松島町とか、難波町、高砂町と、地名がついてるでしょう?


日本橋について調べていたら、どストラスクのウォーキングサイトを見つけたの。 歩き旅応援舎という団体で古地図や切絵図を持って散歩するんだって。毎週一回開催している。オネェチャマ、どうよ。(笑)

まるさん食日記 トマトを食らう

  • 2014.06.08 Sunday
  • 22:12
本町で買ってきた固めのトマトが熟してきたので、今日はトマト使ってしまいたい。
そういえば、先日NHKの趣味DO楽で、トマト料理を3品紹介してたっけ。
なかなか美味しそうだったから、早速作ってみようかな。

トマトと椎茸の麻婆豆腐
 作りやすい分量 ( 2人分 )
トマト…小2個(300g)、生しいたけ…7〜8枚(150g)、木綿豆腐…2/3丁(200g)、ごま油…小さじ2、しょうが(みじん切り)…小さじ1、にんにく(みじん切り)…小さじ1、長ねぎの白い部分(みじん切り)…60g、豆板醤…小さじ1/2、酒…大さじ2、みそ…大さじ1と1/2、水…カップ1/2、片栗粉…小さじ1

 作り方
1.トマトはヘタを除いて2cm角に切る。
  生しいたけは軸を除いて、歯ごたえが残るように大きめのみじん切りにする。
  木綿豆腐は2cm角に切る。
2.フライパンにごま油を中火で熱し、しょうが・にんにく・長ねぎ のみじん切りと
  豆板醤を入れて炒める。
3.香りがたったらしいたけを加えて炒め、油が足りなければごま油を足して、しんなりするまで炒める。
4.しいたけがしんなりしてきたら、酒、味噌、水を入れ、トマト、豆腐を加える。
5.煮立ったら2分間煮込み、水溶き片栗粉を加え、とろみをつけたら出来上がり。

丸ごとトマトの蒸しスープ
 作りやすい分量 ( 2人分 )
トマト…大2個 (500g)、にんにく(みじん切り)…2片、オリーブオイル…小さじ2、塩・柚子胡椒…各小さじ1/4

 作り方
1.トマトのヘタを取り、上の部分を十文字に切り目を入れる。
  
2.耐熱ボウルにトマトを入れ、にんにくのみじん切りをのせる。
  オリーブオイルをかけ、塩・柚子胡椒を加え、ラップをして電子レンジで5分加熱する。



わお〜、どちらも美味しい。
トマトと椎茸の麻婆豆腐は、ひき肉を使ってないからヘルシー。
トマトのなんたらという旨み成分と、椎茸のこれまたなんたらという旨み成分は相性が良いんだって。
納得の一品でした。

丸ごとトマトの蒸しスープの方は、水を一滴も加えてないのに、レンジでチンするだけで、トマトから夢のようなスープが出て来るの。にんにくをたっぷり使っているから、体も温まるし、美味しいなあ。

ふたつとも冷房の効いた体が冷える時期には必須だね。うん。

【その他のメニュー】
 
左上 ) ステーキ
右上 ) 人参とひじきとツナのマヨ味噌和え
   ( 本日はおかひじきもトッピング )
左 ) MOURI が買ってきた、たこの刺身

フレンドリーな洋猫さん

  • 2014.06.08 Sunday
  • 15:00
初めての路地に入ったら、初めてのにゃんこと目が合った。
首輪しているし絶対人懐っこいだろうと思ったら、案の定フレンドリー。

早速自転車を止めたら、にゃんこの方から寄ってきてくれてね。
もうスリスリ、膝には乗ろうとするくらい甘えん坊。

この子は洋猫さんだよね、ペルシャかな。また来るから遊んでね。

新芽が。。。

  • 2014.06.07 Saturday
  • 15:00
昨日今日のお湿りで、ベランダが面白いことになってます。
あんなに芽が出なかった鉢植えに、新芽がちらほら。

風船かずらがニョキニョキ


これは朝顔かな?


あなたはな〜に? ひまわりさんですかね。


園芸をやってて、一番ワクワクするのは芽が出た時かな。
花が咲くっていうのも感動するけどね。
あら、あなたも咲きましたか。


出窓組の朝顔さんは順調に本葉が出ています。


植物って人の話がわかるっていうよね。
こりゃ何かな
「この鉢いつまで経っても芽出ないね、もしやちゅん助に食われたか?」と言って、
第二弾の種蒔いたので、慌てて芽吹いたかな。

まるさん食日記 寒い時のおかず

  • 2014.06.06 Friday
  • 20:30
東京も梅雨入りしたとかで、昨日、今日と大雨になりまして。。。
MOURI もワタシも別々に濡れネズミで帰宅。
こんな日は、お風呂をわかしてあったまってから、ご飯ご飯。

中央のスープみたいなのは、ニョッキのオーロラソース煮。
っていうか薄めの固形スープに、ケチャップと生クリームで色づけしたものといった方が正しい。
薄めのスープにしたのはウィンナーを入れたから。
伊東ハムのウィンナーは、味がしっかりしてるから刻んでスープに入れると出汁がわま出るんだなあ。


ナスの生姜焼き

ナスに、こんな風に切れ目を入れたら、油で焼く。
仕上げに酒と生姜醤油を入れたら出来上がり。


インゲンのサラダ

細くてまっすぐなインゲンが手に入ると作りたくなる一品。
いつもはマコーミックのフレンチドレッシングを和えるだけなんだけど、
今日はちょぴっとマヨネーズを足しました。
卵がちょっと入った方が、寒そうに見えないかと思って。


豚ロース肉のニンニク炒め

ナスを生姜にしたから、こっちにはニンニクを入れちゃえ。
生姜もニンニクも体の中からあっためてくれるからね。


アボカドのゆず味噌チーズがけ

本日の創作料理(笑)
実は昨日、KING兄とBOSS にご馳走になったのね。
代々木上原の笹吟という名店にお誘いいただいて、美味しいお酒とお料理をたらふく頂戴しました。
その中の一品に、石川芋の柚子味噌がけがあって、一口食べたらまあ美味しい。
でも遠くでチーズの風味を感じたのね、KING兄はチーズは入ってないって言うんだけど。
話題がワタシが作る献立に転じて「まるちゃんは創作料理ばっかり作ってるねぇ。普通でいいのよ お料理は」とKING兄が言うんです。(笑)ははは。どうしても創作したくなっちゃうんですよ。
で、懲りずに創作料理。
柚子味噌にチーズを入れたくなったのは、天邪鬼だから?


いぶりがっこ

黒ビールが日本酒に代えたので、いぶりがっこ切ってきました。
さっきまで2人で寒い寒いと言ってたけど、生姜やニンニクや日本酒のお蔭さまで、あったまってきた。
食べ物ってありがたいものだねぇ。

archives

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM