雑司が谷を歩く 1 旧宣教師館

  • 2012.10.09 Tuesday
  • 01:00
今日は大塚の帰り、高田の馬場の古本屋に行きます。でもその前に、例によって時間の許す限りの徘徊です。

まずは都営荒川線に乗り、雑司が谷で下車します。
雑司が谷の駅は、車で “ あうるすぽっと ” に行く時によく通るのですが、都会のまん中にポツネンとあるローカルな雰囲気の無人駅が、印象深く感じていました。隣接する雑司が谷霊園は、広大な敷地面積を持つ霊園で、沢山の著名人が眠ることでも有名です。

目的地は、霊園ではなくその先にある『雑司が谷旧宣教師館』です。
旧宣教師館へは、霊園を迂回すると遠回りになので、霊園内を通らせていただきます。

霊園の案内図には、ジョン万次郎、遠山の金さん、夏目漱石といった方々のお墓の場所が記されています。ファンの為には必要な掲示なのかも知れませんが、微妙な感じ。霊園内を放射状に走る道を真っ直ぐ行けば、目的の宣教師館に出るはずが、間違えて斜めに進んでしまい、夏目漱石さんのお墓の前を通過する形になりました。キチンと参拝するつもりで伺ったわけではないのに、手を合わせるのも何だか違うような気がしたので、一礼して失礼しました。

【雑司が谷旧宣教師館】
雑司が谷旧宣教師館は、
1907年(明治40年)に、アメリカ人宣教師マッケーレブが自邸として建てたもので、区内で現存する最古の近代木造洋風建築です。
現在は東京都指定有形文化財(建造物)として豊島区が管理しています。

あいにく事務棟建替え工事の為、今年(2012年)の7月から休館中になっていて、館内には入れませんでした。
工事は、来年(2013年)2月下旬に終わるのだそうで、
今日は外から眺めて帰ります。


      ↑ 何故か、騒音検知器が設置されています。


【おばあちゃんのおはなし会】
旧宣教師館では、“ 『赤い鳥』を語り継ぐ、おばあちゃんのおはなし会 ” が、開催されていましたが、休館中は雑司が谷区民集会室で行われています。

児童雑誌『赤い鳥』は、小川未明をはじめ、芥川龍之介、北原白秋、泉鏡花、久保田万太郎、久米正雄など数多くの作家が作品を寄稿しています。

“ 『赤い鳥』を語り継ぐ、おばあちゃんのおはなし会 ” は、それらの作品を、詩人の小森香子さんが朗読してくださるのだそうで、素敵な洋館で、上質な童話に触れられる企画は素晴らしい。小川未明は、小さい時に良く読んでたので、う〜んと懐かしい。久米正雄も『赤い鳥』に作品を寄稿していたそうで、奇妙な縁を感じます。
来年、館が再開したら、是非参加したいと思います。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

archives

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM