世界飯店 扣肉会飯&どら

  • 2012.09.24 Monday
  • 12:05
「今日は仕事場に直行」と思っていたのですが、そうはいかなかった。世界飯店の店先には「そろそろあいつが来る頃だ」というような顔をした どら がいて、素通りできませんでした。おそるべし看板猫。

ここの料理は、みんな美味しいんだけど、今んとこのヒットは、ベトナムチキンフォーかな。でもフォーは時間がかかるので今日は断念して、早く出来るものを聞いてみました。
「ごはんものなら早い」というので扣肉会飯を注文。

  
視線を感じて振り返ると、どら が見てました。
ホントはNGなんてしょうが、(お客さんがいなかったので)奥さんが どら の紐を延ばして、カーペットの所まで入れるようにしてくれました。
 
にゃんこは皆、カメラの紐が好きみたい。       後に写ってるテーブルが、ワタシの定席。

【世界飯店の扣肉会飯、うまい!!】
八角の香りが、他のお店より効いています。八角って、なんて食をさそう香りなんでしょう。
バラ肉の煮込み加減も、甘さの加減も、どストライク。
こちらの扣肉会飯の付け合せは「チンゲンサイがお行儀よく」って感じじゃなく、小松菜と白菜をバラ肉と一緒に豪快に合わせて乗っけてます。

白菜の芯の部分って、ぼんやりした味じゃない? ワタシ、中華の食材として、美味しいと思ったことはないのよね。五目焼きそばで、白菜をかじった途端に、今まで味わってた “ うまみ ” が全部どっかいっちゃった感じ。
だけど世界飯店で、白菜に対する印象が変わりました。葉先の部分を、多くしているんでしょうかね。それと火のキャッチが絶妙。
シャキシャキ感が残っていて、肉の柔らかさとの相性が最高です。ほんとうに、おいしゅうございました。

美味しいものを食べさせてもらうと、お店の方に「美味しかった」を連発してしまうんだけど、
世界飯店の場合は、「おいし〜!」と言うと、奥さん、照れて走って逃げます。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM