浜町川について

  • 2014.06.10 Tuesday
  • 11:27
中央区日本橋浜町にある明治座。
演目の好みで足を運ぶ機会はそうないけど、劇場前の道はよく通る。

どこからどこへと続くのか、そんなに広い道でなくてもいいのにと思いながら空いている道を走るんだけど、昔はここに川があったんだって。

明治座の前の川は、浜町川と言って、戦後埋立られてしまったらしい。


浜町川の両岸は『浜町河岸』と言われてましたが、浜町川自体が埋め立てられてしまってからは、隅田川の西岸 ( 両国橋から中洲あたりまで ) が、現在『浜町河岸』と呼ばれる地域です。

左図は、東京市全圖番地入りを北を上にして掲載しています。
ブルーの線は、今はなき浜町川。

地図上の『橋』という字の少し上にマークは明治座。
ほら、明治座河岸にあるでしょう?
ちなみに浜町川を下に下がった中洲にもうひとつマーク。ここも昔人気があった芝居小屋、真砂屋です。真砂座の話は、また別の機会に。。。




浜町という地名が正式に出来たのは明治になってから。
この辺は、大名の上、下屋敷があった場所だからだと思う。

グレーの部分、町人が住んでいる町家には、ほら松島町とか、難波町、高砂町と、地名がついてるでしょう?


日本橋について調べていたら、どストラスクのウォーキングサイトを見つけたの。 歩き旅応援舎という団体で古地図や切絵図を持って散歩するんだって。毎週一回開催している。オネェチャマ、どうよ。(笑)

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

archives

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM