METAXA 5スター

  • 2014.05.23 Friday
  • 12:34
METAXA ( メタクサ ) という名前のギリシャ産ブランデー。
ワタシが一番好きなお酒。
初めてメタクサを飲んだのは16年前だったけど、輸入の問題で流通が安定していなかったっけ。
手に入りにくいから余計、恋焦がれたということもあったろうが、とにかくウマい酒だと思う。

メタクサ には、40年野物の化粧瓶から、7ster( 7年物 ) 、5ster ( 5年物 ) 、3ster ( 3年物 ) とあるけれど、5sterが一番口に合う。
日本酒も上撰 ( 特級酒 ) より 昔は二級酒と言った普通酒の方が断然ウマいと思うけど、メタクサもおなじ。
長く蒸留されれば美味しいということでもない気がする。
まっ、ワタシの好みの問題だけれど。。。
メタクサの5sterは、瓶の形も、色もなかなかクールじゃない?

ウマいウマいと言うだけじゃ伝わらないね。
味は、そうだなあ、濃厚なんだけど、甘味も魅力のひとつ。ブランデーだけあって、喉から食道へとク〜っと落ちていく感覚も堪らない。それでもクイクイ呑めてしまうのは雑味がないからじゃないかなあ。中国酒に 桂花陳酒 ( けいふぁーちんちゅう ) というお酒があるよね、キンモクセイのお酒。甘味の方向はアレに似てるかな。

“クイクイいける”と言っても、食前酒に、または寝る前に一杯という飲み方がいいかも知れない。

グラスはワタシ専用の、というより専らMetaxa 専用の物。グラスの喉の部分が紺色で、お揃いなのが楽しくてね。

BacardiのMojito と Habana ClubのRum

  • 2014.04.24 Thursday
  • 22:34
夏の準備
まだ早いのはわかってるけど、美味しいラム酒を買ったので、
ひと足先に常夏気分。

モヒート、おいしいねぇ。
突然飲むことにしたから、ミントはなし。
猛暑のなか帰ってきて、炭酸で割ったモヒートをグビグビと飲む。
そんな夏をイメージしながら、飲んでみた。

但し、こういう風に、もう出来上がったものは、それは美味しいけど、
砂糖が結構入ってるから、いい気になって飲んだら大変なことになる。
本当は、自分でラムとライムで作った方がいいんだろうけれど…。
カクテルなんだから、ガバガバ飲むものじゃないから、3杯目は、Havana Club の ラム酒にしよう。


本日の夕食、まず大正エビのガーリックソテー。
大正エビがあると作りたくなるの。
ソテーに使う酒は、その日の気分。日本酒だったりワインだったり。今日は紹興酒の気分。

サラダは、きゅうりとレタスとマシュルームとハム。
塩、レモン汁、サラダ油の順に入れてまぜまぜ、最後にチョコっと醤油を入れただけ。
マシュルームには、既成品のドレッシングより、この方が美味しいと思うんだ。


Habana Club
オンザロックで飲むのがいいかもね。
ラベルにこんなことが書いてある。
芳醇で奥深い香り。口の含むと、蜂蜜やバニラ、チョコレート、タバコ、ドライフルーツやスパイスの味が感じられる。フィニッシュも重厚でありながら、バランスの良いフルボディ
ドン・ホセ・ナヴァロ

ドン・ホセ・ナヴァロは、Habana Club のラム・マスター。
要するにラム造り職人の親方さん。

ドン・ホセ・ナヴァロといっても、カルメンのドン・ホセとは
違うんだね。(笑)



「テレビを見ながら、ご飯を食べてはいけません」
ていうおウチがあることは知ってるけど、ウチの場合、お酒を飲みながらの2時間〜3時間の夕飯だから、テレビはつけっぱなし。

但し「シリアスなドラマは合わないかもねぇ」ということで、
バラエティーとかを、ながら見しながらの食事。

画面に映っているのは、日本居酒屋紀行で有名な太田和彦さん。
資生堂のデザイナーをしながら、日本中を旅して居酒屋めぐりをした経験を活かし、お酒の達人としてテレビで活躍しているの。ファンの間では神様的存在の人。
お酒や居酒屋を紹介する旅人としては、吉田類さんと対極にいる人なんだけど、、、それはまた別のお話

アイリッシュパブ〜TULLAMORE

  • 2014.04.12 Saturday
  • 21:00
宴会のあと、少しのみたりないねっということで、代々木八幡のアイリッシュパブに寄り道。

駅から一本入った暗い道の中ほどに、その店がありました。

タラモア。。。カタカナで書くとなんだか変。

ここのお店では、すんごくウマいギネスの生が飲めるんだって。
 
泡。。。すごいミルキー


フィッシュアンドチップスをつまみながら、OHTA-SAN の話で盛り上がる。
ここのフライ、とても美味しい。いい油でカラッと揚がってるからもたれ感がない。
それにこの岩塩、甘くていいじゃない。

ふと、向こうのテーブルのカナダ人が食べているピザが目に入る。
カナダ人っていったけど、アメリカ人ぽくないって思うだけで根拠ないけどね。
ここは、キャッシャーのところに行ってお金を払って注文するシステム。
「ピザください 色々あるの? じゃアンチョビのピザを」

うまぁい!! 薄くて、さっぱりしてて、アンチョビの塩加減も絶品。
音楽の話をしながら、ウマいギネスと、いい感じのピザで、幸せなひとときでした。

archives

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM